エタニティリングで永遠の愛を誓う|恋人の心を繋ぎとめよう

指輪

新しい記念の指輪

銀リング

エタニティリングは、永遠の愛の誓いとして贈るアクセサリーです。記念日の贈り物としても、また結婚指輪や婚約指輪として贈るにも最適となっています。現在はフルエタニティの他にハーフエタニティも存在します。ハーフエタニティはフルタイプよりも取り扱いが容易なこともあり、こちらを選ぶカップルも増えています。

永遠という名前のリング

一生モンだから後悔しないように選んだほうが良いですよ!エタニティリングの選び方を教えてくれるサイトがこちらです。

永遠と呼ばれる意味とは

リング

「永遠」の意味を調べると、「無限に遠い未来まで時間を超えて存在すること」といった答えが導き出されてきます。これは時間や時代、死さえも超越してしまうほどの強さをもつ言葉です。そして、この言葉を英語で表したのが、「エタニティ」です。永遠に続いて欲しいという思いを込めたリングが、「エタニティリング」です。このエタニティリングは、リングの周りを切れ間なく繋げた一列のリングのことを指しています。切れ目を作らないということはまた、リングのサイズ直しができません。また、大切な人に贈るエタニティリングには、別れたくないという贈り手の思いが込められています。サイズ直しができないというのも、エタニティリングが、唯一人の為のものであることを証明しています。

どんなデザインがあるのか

エタニティリングの文様には切れ目がなく、それは唯一人の為のリングという意味があるようです。また、マリッジリングのように石のないつるんとした造りではありません。エタニティリングは、リングの周りを石で隙間なく敷き詰めた石畳のようなデザインのリングです。多くは、ダイヤモンドが使われますが、誕生石や好みの石で作る場合があります。大きさは様々ですが、同じ大きさの石を複数個使って1周ぐるりと繋いでいるようです。また、ダイヤモンドが好まれる一番の理由は、地球上で一番硬い鉱物であり、無色透明な色が「無垢で純粋な心」を表すからだとも言われています。昨今、サイズ直しができるようにと、一部分、石を入れない「ハーフエタニティ」も造られています。

人気のデザインです

金の指輪

近年、エタニティリングは記念日以外に結婚指輪や婚約指輪として使用する人が増加しています。シンプルでありながら美しいデザインが人気の理由であり、重ねつけも可能なところが多くの女性から支持されています。購入する際には幅やダイヤの数などからお気に入りの1点を探すことをおすすめします。

普段使いも出来る指輪

リング

エタニティリングは、永遠の愛のシンボルとして婚約指輪や結婚指輪としても選ばれますが普段使いが出来る指輪でもあります。扱いに気を付けて、地金の量を多くするなどの工夫をすると安心して身につけられると言われています。